一村産業株式会社

ENGLISH

CHINESE

経営理念

経営基本方針

  1. 北陸のMONO創り商社業を基盤とし、世界での適地生産、適地販売を目指す世界最良の工商一体型コンバーターへ飛躍する
  2. 環境配慮型先端材料の高付加価値品を戦略的育成事業と位置付け 開発・生産し世界のミドル・ベターゾーンに向け販売する
  3. 世界のマーケット・消費者動向に精通し、的確なSCMを展開すべく、提案型プロ集団を目指す

代表取締役社長 田辺 信幸

<経営基本方針について>

  1. 繊維事業は創業以来「産地元売商社」所謂「産元」として成長を遂げてきました。しかし、激変する事業環境の中で既に受託事業である「産元」は死語となっております。Mono創り(Monopolizeできる逸品)商社としての機軸を基盤とし、ぶれずに世界での適地生産・適地販売を展開し得る工商一体型コンバーターを目指します。
  2. ECO関連商品群を戦略的育成事業と位置付けました。既存事業(繊維、化成品)に加え今後の企業成長のエンジンとしてボーダーレスな事業展開を図り、悲願であった第三の事業の柱を確立し、併せ経営の安定化を達成します。
  3. 世界のマーケットに軸足を置き、提案型営業に徹します。一騎当千の社員を育て上げ的確かつワールドワイドなSCMを展開します。

〜ふたたび波濤を越えて〜
ジャパン・クオリティーを帆に掲げ、北陸から世界へ

安全倫理行動指針

安全と倫理はすべての経営課題に優先する

安全行動指針
  1. 5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)を徹底せよ
  2. 歩きスマホをするな
  3. 不審な物・人を見逃すな
  4. 金品・印鑑・重要書類は放置するな
  5. 階段は手すりを使え
  6. 走るな
  7. 災害が発生したら直ちに連絡せよ
  8. 運転5原則
    (1) シートベルトを着用せよ
    (2) 安全速度を守れ
    (3) 飲酒運転は絶対するな
    (4) 携帯電話は使用するな
    (5) 危険予知を心がけよ
倫理行動指針

“正々堂々” 明るく 行こう !!

  1. 不正を決して許さない信念と勇気を
  2. 相手の立場に立った気づきと思いやりを
  3. 愛する人へ誇りをもって語れる仕事ぶりを

環境方針

基本理念
地球環境保護に積極的な役割を果たすことを経営の最重要課題の一つとして認識し、省エネルギー、排出・廃棄物の削減、リサイクルの推進など企業活動の全領域で環境との共生に努めます。
基本方針
  1. 地球環境への配慮
    全ての企業活動において、地球環境への影響、地域社会との共生を配慮し、社会に貢献します。
  2. 環境保全活動の推進
    省資源・再資源化・廃棄物の削減に積極的に取り組み、環境汚染の予防に努めるとともに、生物多様性への影響に配慮し、生物多様性の保全と持続可能な利用に努めます。
    また、「環境にやさしい商品づくり(Green Innovation)」の推進により、社会に貢献します。
  3. 環境関連法規の順守
    環境関連法規制、および環境に関連するその他要求事項を順守するとともに必要により 自主管理基準を設定します。
  4. 環境マネジメントシステムの充実と改善
    環境方針達成のため、環境目的・目標を設定し、計画的に活動するとともに見直しを行い、 継続的に改善を行います。
  5. 環境方針の周知と公開
    環境方針を全社員に周知し、教育啓発活動を推進します。
    また、環境方針は公開します。

制定:2004年 2月18日
改訂:2011年 5月 1 日

一村産業株式会社 代表取締役社長
田辺 信幸

品質方針

私たちは、お客様に満足していただける製品を提供することを基本とし、顧客 の信頼、会社の発展、社員の幸せを築いていくため、経済的かつ効率的な品質 マネジメントを実践します。
私たちは、品質マネジメントシステムを継続的に改善し、更なる充実を図り、 顧客満足の向上に努めます。

制定:2012年 7月1日

一村産業株式会社 化成品事業部門長
宮本正美

ENVIRONMENTAL SYSTEM

JQA-EM4367

QUALITY SYSTEM

JQA-QMA13827
(化成品事業部門)

ワークライフバランスの取り組み

仕事と子育ての両立を図るために必要な雇用環境の整備などについて「一般事業主行動計画」を策定し、ワークライフバランスに向けた取り組みを行っています。

2015年4月からの行動計画 PDF (112K)

このページの先頭へ

一村産業株式会社は、東レ株式会社の関係会社です。