一村産業株式会社

ENGLISH

CHINESE

お知らせ


「なぎさの舞台」金沢駅に展示(炭素繊維織物ソフトコンポジットを使用)

2014年1月20日

 2015年春に北陸新幹線が開通予定の金沢駅中央改札口正面に、金箔(きんぱく)を使ったオブジェ「なぎさの舞台」が展示されました。
 このオブジェは縁起物である「二枚貝」をモチーフとし、素材には金沢の伝統工芸である2,000枚の金箔と、先端複合材料である炭素繊維織物ソフトコンポジット(一村産業グループの創和テキスタイルで東レの“トレカ”糸を製織して使用)を組み合わせて制作されており、「光り輝く縁起の良い舞台で、なぎさの風を感じ、金沢での思い出を未来に結んでほしい」という願いが込められています。
 中央改札口正面ということもあり、多くの人が足を止め、写真撮影をするなど注目を集めていました。


金沢駅中央改札口正面に展示されている「なぎさの舞台」

このページの先頭へ

COPYRIGHT TORAY INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.