一村産業株式会社

ENGLISH

CHINESE

先端材料

Advanced Materials

鉄にかわる素材として注目される先端複合材の
新たなビジネスにチャレンジを始めている
ICHIMURAの先端材料事業

<業務内容>
東レ(株)の先端素材と、当社が繊維・化成品分野で築いてきた物づくり基盤とコンバーター機能を一体化して様々な用途で使用される高機能繊維の量産・販売を開始しています。
今後ますます需要拡大が期待できる土木・建設・運輸用途で使用される炭素繊維、土木・建設の補強材、防護衣料などに幅広く使用されるアラミド繊維など、先端素材による世界トップレベルの複合材料づくりを展開していきます。

主な取扱商品

炭素繊維
航空機や補強材などに使用される軽量かつ優れた強度を誇る炭素繊維。

CARBON CLUB®をマザーブランドとし、
5つのカテゴリで展開しています。

CF-SS:Carbon Fiber Stampable Sheet とは

熱可塑性樹脂の特性を生かし、分単位の高速でプレス成形が可能な 炭素繊維強化熱可塑性スタンパブルシートです。

炭素繊維強化熱可塑性スタンパブルシート(CF-SS)について

CF-SS:Carbon Fiber Stampable Sheet

CF-SSの販売イメージ

お客様の仕様で積層が可能です。

CF-SSの用途展開

用途 樹脂 CF 用途 成形加工法
加飾
アクリル 3K平織・綾織
12K平織
コミングル 
自動車内装
パネル
タブレット・電話
カバー
スタンパブル成形
ヒート&クール成形
インサート成形         
筐体
ポリアミド6
ポリアミド12
アクリル
ポリカーボネイト 
3K平織・綾織
12K平織
開繊UD
コミングル
パソコン・タブレット
携帯電話
外板・構造材
ポリアミド6
ポリアミド12
(PPS)
3K平織・綾織
12K平織
開繊UD
コミングル
自動車外板・シート
ロボットアーム
スポーツ用品 

装置メーカー様・加工メーカー様と一体となった開発・販売

CF-SSの一般特性表

規格 PMA-3KP PCA-3KP PA6-3KP 【参考】 熱硬化
樹脂 アクリル ポリカーボネイト ポリアミド6 エポキシ
CF構成 3K平織 CF目付 200(g/m2)
CF積層 1層〜 (仕様オーダーメイド)  
CF(Vol.%) 50 53 53 60
比重 1.5 1.51 1.5 1.55
曲げ強度(MPa)* 750 700 750 800
曲げ弾性率(GPa)* 50 53 53 65
加工推奨温度(℃) 250 270 270

上記は参考値であり保証値ではありません

*曲げ強度測定用試験片の加工条件(加熱・水冷プレス使用)
 素材を10(min)加工推奨温度で予備加熱。加熱したまま5(Mpa)で1(min)加圧。
 5(Mpa)で加圧したまま5(min)で50(℃)まで急冷、取出し

本件に関するお問い合わせ

一村産業株式会社
大阪本社 先端材料販売部(担当:福世)
Tel:06-6229-6339

このページの先頭へ

一村産業株式会社は、東レ株式会社の関係会社です。
COPYRIGHT ICHIMURA SANGYO Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.